リフォームとリノベーションの違い

リフォームっていう言葉はよく聞きます。簡単に言うと古い住宅や建物を新築のように元に戻すってことです。最近、新たに‘リノベーション‘って言葉もあります。同じじゃないのと困惑する人もいるかもしれません。リノベーションとは住宅や建物の間取りまで変えたり、用途を変えることです。ゼロに戻すこととプラスにすることは本質的に全然違いますね。

分かりやすく説明すると、通常のお風呂やキッチンの交換は老朽化したものをリフォームして新築当時のように新しくすると言いますが、3DKの家を2LDKに変える、住宅に店舗を設けることはリノベーションになります。リフォームよりリノベーションのほうが規模が大きい、費用が高くなることが多いかもしれません。テレビ番組もよく紹介しますが、築年数が経った住宅でも手入れをして、住めるようにする新築化する、そのような住宅を流通させることが求められています。これからはリフォームとリノベーションの時代が到来と言えるでしょう。